音楽ネット配信、著作権柔軟に・米マグナチューン日本上陸へ


 利用者が無料や自分で決めた価格で音楽を楽しめる新種の音楽ネット配信サービスの米マグナチューン(カリフォルニア州)が、年内に日本向けサービスを始める。全曲で著作権を柔軟に運用する「クリエイティブ・コモンズ(CC)」のルールを採用し、欧米で広がりを見せている。新しい音楽流通の試みとして日本でも注目を集めそうだ。

 マグナチューンはネットを通じて録音音楽を売る独立(インディーズ)系の「ネット・レコード会社」。日本向け事業はネット関連ビジネス支援のデジタルガレージとの共同事業になる見込み。現在のアーティスト数は250組で、アルバム数は500、楽曲数は5000で、すでに日本のアーティストも参加している。(2006.10.2/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-02 09:45 | インターネット総合  

<< Zune、米国での発売は11月... KDDI・東電、NTT追撃へ一... >>