総務省、IT活用の地域再生事業を支援


 総務省は2007年度からIT(情報技術)を活用した町おこしや地域再生事業を全国で発掘して支援する。ITの活用を促すと同時に地域活性化につなげる考えだ。

 地方自治体や非営利組織(NPO)、地元の企業などが協力して実施するITを活用した地域再生事業を募集。総務省は学識経験者など外部有識者を中心メンバーとした評価委員会を設置し、事業内容を審査する。

 支援を決めた事業には1―3年程度で資金を援助。自治体などには事業計画や進ちょく度合いの報告を細かに求める。事例は総務省のホームページなどで公表しほかの地域でも応用できるようにする。(2006.10.1/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-01 11:27 | インターネット総合  

<< 三洋電、手ぶれ補正機能を動画・... ネット詐欺 ヤフー、14被告を... >>