NTTが世界最速の光通信、1秒でハイビジョン映画140本


 NTTは29日、1本の光ファイバーで世界最大容量となる毎秒14テラ(テラは1兆)ビットの情報を送信する実験に成功したと発表した。従来の世界記録を4テラビット更新した。2時間のハイビジョン映画なら1秒間に140本分送れる。NTTは7―8年後に光通信網を現在の10倍の通信容量に拡張することを目指しており、新技術を利用していく。

 NTTは信号1チャンネルに載せる情報量を従来の10倍となる毎秒100ギガ(ギガは10億)ビットにする処理法を考案。さらに140チャンネル分を束ねて1本の光ファイバーで送信する技術を開発し、毎秒14テラビットの通信容量記録を実現した。これまでの世界記録は研究段階でも毎秒約10テラビットで、NTTは大幅に伝送量を増やすことに成功した。
(2006.9.29/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-30 05:11 | インターネット総合  

<< オラクル、CRMの新戦略として... <ソニー>PC用電池の自主回収... >>