ドコモ新携帯 150万曲以上の音楽聴き放題 来月下旬から



 ■月1700円程度

 NTTドコモは27日、国内初となる定額料金の音楽配信サービスに対応した携帯電話を10月下旬から順次発売する方針を固めた。ドコモが筆頭株主であるタワーレコードの子会社、ナップスタージャパンが10月にも提供を始めるサービスに対応。パソコンで取り込んだ音楽データを、ドコモの携帯電話に移行する仕組みで、一定額を払えば何曲でも聴き放題になる。音楽サービスで先行するKDDI(au)に対抗する狙いだ。

                  ◇ 

 ドコモは、10月24日の「番号ポータビリティー」(番号継続制度)開始をにらみ、第3世代携帯電話の上位機種「FOMA 903iシリーズ」を来月下旬から順次発売する。この目玉が音楽配信サービスだ。

 同サービスはナップスタージャパンが事業展開し、10月3日に概要を発表する。ソニー・ミュージックエンタテインメントなど音楽関連会社約260社が150万曲以上を提供。料金は未定だが、米国では米ナップスターが月額1700円程度で提供しており、日本でも同水準になる予定。

 利用者は、ネット接続したパソコンで楽曲を好きなだけダウンロードできる。パソコンでも聴けるが、取り込んだ楽曲の音楽データをドコモの携帯電話に移せば外出先でも聴けるのが特徴だ。

 パソコン経由の音楽配信サービスは、auも今年5月に「リスモ」という独自サービスを開始している。ただ、ドコモ・ナップスター連合に比べて3万曲と曲数が少ないほか、料金も1曲あたり300円程度と割高感があり、ドコモの参入で競争環境が厳しくなることは必至だ。

 ドコモはまた、携帯電話で直接ダウンロードする「着うたフル」サービスも本格展開する。auは平成16年11月に業界に先駆けて同サービスを開始しているが、若年層を中心にダウンロード数は累計6000万件超に達するなど好調。ドコモも新端末全機種で対応するなど追撃態勢を整える。

 ソフトバンク傘下のボーダフォンも28日、戦略商品の新端末やサービス概要を発表する。ドコモとauが音楽関連サービスで主導権争いを繰り広げる中、新機軸を打ち出せるかどうかに注目が集まっている。
(2006.9.28/産経新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 10:35 | 周辺機器  

<< 難病女児の募金に批判 ネット掲示板 TDK、世界初の6層青色光ディ... >>