Spansion、4ビット/セルのフラッシュメモリ製品を披露

Spansionが4ビット/セルのフラッシュメモリ技術による製品を公開した。

 富士通とAMDの合弁企業で、フラッシュメモリ大手の米Spansionは9月25日、テキサス州オースティンの製造施設Fab25において、1セル当たり4ビットのデータを記録できるフラッシュメモリ技術による「MirrorBit Quad」のシリコンを披露した。同技術はフラッシュメモリの製造コスト引き下げを実現するもの。

 MirrorBit Quadの90ナノメートル(nm)製造技術による512Mビット、1Gビット、2Gビット製品は年末をめどに製造開始し、65nm製造技術による1Gビット、2Gビット、4Gビット、8Gビット、16Gビット製品は2007年に製造開始する見通し。
(2006.9.28/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:23 | 周辺機器  

<< TDK、世界初の6層青色光ディ... SanDisk、16GバイトC... >>