デジカメ写真を無料で補正、凸版がサイト

 凸版印刷は27日、デジタルカメラで撮った写真の色補正や印刷の色調管理などができる無料サイトを開設すると発表した。カメラやプリンターのメーカーから広告収入を得る。2007年度に10万人の登録会員を目指す。

 新サイト「いい色」にデジタル写真のデータを取り込むと、被写体や背景の色を自動で補正できる。室内の風景から照明の影響を取り除いたり、被写体だけくっきりとさせたりする。手動補正も可能。

 写真の印刷時に自宅のプリンター機種を指定すれば、最適なインク情報を読み出し適切な色で写真を印刷できる。デジタル写真に絵を描き込んだり、名刺も作れる。

 企業の広告料は6カ月で18万9000円。リコーなどが会員になっており、初年度に25社の登録を目指す。写真補正機能の期間貸し(ASP)サービスの企業向け販売もし、全体の売り上げ目標は3年後に5億円。(2006.9.28/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:09 | インターネット総合  

<< TVバンク、数万人に高画質動画... 簡単で安心!ネットワークカメラが注目 >>