インテル、4コアプロセッサ11月投入を発表--80コア試作品も公開

Intelが、80コアを搭載し、毎秒1兆回の浮動小数点演算をこなすプロセッサの試作品を公開した。

 Intelの最高経営責任者(CEO)Paul Otellini氏は米国時間9月26日、当地で開催のIntel Developer Forum(IDF)に集まった数千人の参加者らを前に、この試作チップとシリコンウエハを披露した。Otellini氏が基調講演で明らかにしたところでは、同チップは毎秒1テラバイトのデータ交換が可能だという。同社は、5年以内にこれらのチップを生産ラインに載せたい考えだ。

 Intelは、年2回開催する同カンファレンスを利用し、開発者に自社の長短期計画を伝えている。ハードウェア開発者やパートナー各社は3日間の開催期間中、Intel社員と情報交換をしたり、セミナーに参加して新技術を学んだりできる。

 また、Intelは 予想通り 、4コアプロセッサを11月に顧客向けに投入する計画を発表した。極めて高速な4コア搭載の「Core 2 Extreme」プロセッサがまずリリースされ、主流デスクトップ向けの「Core 2 Quad」プロセッサが2007年の第1四半期に続くと、Otellini氏は語った。

 4コア搭載のサーバプロセッサも同じ流れをたどり、高速な「Xeon 5300」プロセッサが11月、そして低消費電力版Xeonが第1四半期にそれぞれ登場予定となっている。Intel初の4コアプロセッサの実態は、同社のデュアルコアCoreアーキテクチャチップを2つ組み合わせてマルチチップパッケージ化したもの。

 Otellini氏は、「パフォーマンス重視の時代が再び訪れる」と語り、4コアのデスクトッププロセッサはCore 2 Duoより整数演算が70%高速になり、4コアのサーバプロセッサは6月に投入された「Xeon 5100」より50%高速になることを明らかにした。

 Intelがここ数年パフォーマンスを重視してこなかった理由の1つは、同社がAdvanced Micro Devices(AMD)のOpteronとAthlon 64のサーバおよびデスクトッププロセッサにベンチマークで大敗を喫していたためだ。だが、2006年のCore 2 Duoチップ投入で状況が一変した。

 Otellini氏は開発者らに向かい、「一連のデュアルおよび4コアの新プロセッサにより、われわれは主導権を取り戻した」と述べた。YouTubeなどのウェブサイトが急成長を遂げているように、インターネット映像の人気が上昇しており、これらのプロセッサは映像編集などの負荷の高い作業で大活躍を続けることになると、同氏は語っている。

 一方のノートブックPCは、2007年の「Santa Rosa」(開発コード名)プラットフォーム登場により大幅な手直しが行われることになる。同プラットフォームは、802.11nワイヤレス機能やフラッシュメモリなどの新技術をノートPCに提供する。Intelは、ノートPCのマザーボードにフラッシュメモリが搭載されるのはこれが最初になるだろうと考えている。これにより、ブート時間が短縮され、消費電力も削減されると、Otellini氏は語っている。

 システムの消費電力は数ある要因の1つに過ぎない。Otellini氏は、新しい製造技術とデザインにより、トランジスタのワット当たりの性能を数年以内に300%向上させたい、と語っている。その実現に向けた次のステップであるIntelの45ナノメートル製造技術は、パフォーマンスが20%向上し、漏電電流を5分の1に抑えたチップの製造を可能にすると、同氏は語っている。

 しかし、Intelのテラスケールの研究用プロトタイプでイメージされているように、究極の目標は1つのチップで毎秒1兆回の浮動小数点演算(テラフロップス)を処理することだ。1テラフロップスは、4510基のコンピューティングノードを使ったSandia National Laboratoriesの「ASCI Red」スーパーコンピュータが10年前に初めてを達成している。

 Otellini氏に続いて基調講演を行ったIntelの最高技術責任者(CTO)、Justin Rattner氏によると、Intelのプロトタイプは、それぞれが3.16GHzで動作する80基の浮動小数点コアを搭載しているという。個々のコアの間やメモリとの間でデータを移動させるため、相互接続機構をオンチップに搭載し、SRAM(スタティックRAM)チップをチップ底面に直接重ねて装着する計画だと、同氏は語っている。

 コア間接続の課題克服には、先ごろ行われたシリコンレーザーの発表をはじめとする、Intelのシリコンフォトニクス関連の研究が役立つ可能性がある。Rattner氏とカリフォルニア大学サンタバーバラ校のJohn Bowers教授は、これまでの古いレーザーより大量生産に適した最新のシリコンレーザーを紹介した。


(2006.9.28/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:00 | 周辺機器  

<< フリーのウイルス対策ソフト“a... 値下がり止まらない液晶テレビ、... >>