「Opera 9.02」リリース、OpenSSLの脆弱性の修正や安定性向上


 ノルウェーのOpera Softwareは21日、「Opera 9.02」を正式にリリースした。Windows版、Mac版、Linux版などが用意されており、日本語版もある。9.01以前のバージョンには深刻な脆弱性が存在したため、ユーザーはOpera 9.02にアップグレードすることが推奨されている。

 発見された脆弱性とは、Operaに実装されていたOpenSSLでRSA署名を偽造できてしまうこと。偽のSSLサーバー認証書を正当なものとしてOperaが認めてしまう問題が存在した。

 Opera 9.02ではこのほかにもいくつかのバグが修正されている。ブラウザの安定性が向上し、特に「my.yahoo.com」で散見された不安定性の問題も解消された。また、ナローバンド利用時のWebサイトログインの扱いが改良されたほか、長いメールをダウンロードする際にCPU使用率が異常に高くなる問題も解消されている。

 Windows版では、Windows XP Media Center Editionのリモートコントロール機能をサポート。Mac版では28文字以上のWebアーカイブファイル名が使用できるようになったこと、Schubert PDFプラグインが再び利用できるようになったことの改良点がある。

(2006.9.22/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-22 16:44 | インターネット総合  

<< 「Microsoft Work... DIGITAL COWBOY、... >>