東京ゲームショウ2006開幕! Xbox360 vs 発売目前のPS3&Wiiに注目集まる

 
 千葉市の幕張メッセで、東京ゲームショウ2006が開幕した。東京ゲームショウは今年で10周年で、出展社は148、新作タイトルは569とこれまでで最大規模での開催となった。

 今年はPLAYSTATION 3とWiiの発売を目前に控えたタイミングでの開催ということで、昨年一足先に発売されたXbox 360との「次世代機競争」がプレイアブルで繰り広げられるほか、NTTドコモ、KDDI、ボーダフォンという携帯電話3社がそろって出展、モバイル系の伸張も目を惹くところだ。また、今年もPCオンラインゲームについても多くのパブリッシャがブースを出展、その中には、Gravityの前会長、金正律氏のCykan Entertainmentも大きなブースを構えているなど、韓国系企業が相変わらずの強さを見せている。

 CEDECの基調講演でCESA会長の和田洋一氏(スクウェアエニックス CEO)は、モバイルとオンラインゲームを含めればゲーム産業全体はいまも拡大基調にあるとスピーチをおこなったが、今回の東京ゲームショウはまさにその状況を示すものとなりそうだ。

 東京ゲームショウ2006は、9月22日から24日までの3日間開催される。
(2006.9.22/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-22 12:55 | インターネット総合  

<< プレステ3国内価格を引き下げ、... IP電話、USB型に・携帯から... >>