Mozilla Japan、Firefoxの日本向けキャラクター名称は「フォクすけ」


 
 Mozilla Japanは19日、Webブラウザ「Firefox」の日本向けプロモーション用マスコットキャラクターの名称を「フォクすけ (Foxkeh)」に決定した。Firefoxの「フォックス」と「助」「輔」の「すけ」を合わせたものだ。

 Mozilla Japanでは、「クールなイメージで捉えられることの多いFirefoxにも、もっと親しみやすさがほしい」とのことから日本独自のマスコットキャラクターをデザインし、2006年9月1日より名前を募集していた。

 募集期間中に寄せられたアイディアは約7,000件。応募作品の中には、「火」「炎」「尾」「狐」といった言葉を含むものが多かったほか、Firefoxの意味である「レッサーパンダ」にちなんだも名前も多く寄せられたという。

 フォクすけを採用した理由としては、「Firefoxのプロモーションキャラクターだとすぐ分かる名前であることや、既存のキャラクターで似た名前がないこと、和風のニュアンスが含まれていること」などを挙げている。

 正式採用された名前を投稿したユーザーには、Firefox特製携帯ストラップに加え、FirefoxのTシャツなど、関連グッズの詰め合わせを贈呈する。また、アイデアを投稿した全ユーザーの中から抽選で1,000名に携帯ストラップをプレゼントする。

 Mozilla Japanでは、フォクすけ関連コンテンツの第1弾として、「Firefoxの歴史」ポスターのフォクすけスペシャル版PDFデータを公開している。

(2006.9.21/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-21 11:59 | インターネット総合  

<< マイクロソフト、約2万円と低価... KDDI、G'zOne... >>