ウィルコム、次世代PHSシステム無線局実験で伝送速度20Mbpsを達成



 ウィルコム(八剱洋一郎社長)は9月20日、「次世代PHSシステム」向け無線局実験で、第一段階として計画していた上り下りともに伝送速度が毎秒20メガビットを達成したと発表した。

 同社は、次世代PHSシステムの開発・導入に向けた活動の一環として8月1日に総務省から無線局の実験免許状を取得。8月上旬から1年間をめどに、2.5GHz帯でのOFDMシステムの伝送実験などを中心として、次世代PHSシステムの開発・導入に向けた実験・評価活動を開始していた。

 実験では、虎ノ門地域のビル1か所と郊外1か所に、それぞれアンテナと基地局実験設備を設置。2.5GHz帯の周波数で、同社の次世代PHSシステムで中核技術の1つである「OFDM」技術に、現行システムの「アダプティブアレイアンテナ」技術を採用した場合の性能評価、次世代PHSシステムに「MIMO」技術を採用した場合の性能評価を中心に実証実験を行った。

 今後、次世代PHSシステムの実用化に向けた活動を推進するとともに、ITU(International Telecommunication Union)やPHSMoUグループでの国際標準化など世界への普及も視野に入れ、関係機関・団体での標準化活動や普及活動に取り組んでいく。

(2006.9.21/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-21 11:58 | インターネット総合  

<< KDDI、G'zOne... データセンター新増設相次ぐ 野... >>