ドコモ、法人向けに「BlackBerry」を26日発売

 
 NTTドコモは、QWERTY配列のキーボードを備えた携帯情報端末「BlackBerry 8707h」および通信ソリューションを26日より販売する。同社の法人営業窓口を通じて提供される形となる。

 「BlackBerry 8707h」は、カナダのResearch In Motion(RIM)製情報端末。W-CDMAおよびGSM/GPRSに対応し、海外でも利用できる。FOMAプラスエリアには非対応。QWERTY配列のキーボードを備えるが、基本的に英語仕様となっている。ただし、メール・Webブラウジングでは日本語が利用できる(Webブラウザでの日本語入力は不可)。320×240ドットで65,000色以上のディスプレイ、Bluetooth機能(2.0準拠、HSP/HFP/SPP対応)、miniUSB端子を搭載する。内部メモリは64MB、メーラーやWebブラウザのほか、アタッチメント・ビューアー、スケジューラー、アドレス帳、メモ帳、計算機といったアプリケーションが用意されている。

 大きさは約110.0×69.5×19.5mm、重さは約139.8g。連続待受時間(静止時)は、W-CDMA網/GSM網ともに約400時間、連続通話時間はW-CDMA網で約165分、GSM網で約300分。

 法人のモバイルソリューション向けに提供され、同社のネットワークサービス「BlackBerry ネットワークサービス」を契約することで、RIM提供の「BlackBerry Enterprise Server」とマイクロソフトのExchangeやIBMのLotus Dominoなどと連携させて、メールや業務アプリケーションが利用できる。「BlackBerry ネットワークサービス」の利用料は1契約につき月額5,985円。ただし、システム全体の価格は、ケースによって異なるとのことで、明らかにされていない。

(2006.9.20/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-20 17:05 | 周辺機器  

<< <松下電器>ブルーレイ方式のレ... 「Internet Explo... >>