<東芝>ノート型パソコンの電池パックを無償交換




 東芝は19日、今年3~5月に製造したノート型パソコン約34万台に搭載しているソニー製リチウムイオン電池に、使用中に電源が落ちたり、充電できなくなる不具合が起きる可能性があるとして、電池パックを無償交換すると発表した。
 対象機種は「ダイナブック」のAX/8、CX/8、TX/8、VX/780LS、「ダイナブックSatellite」CW1、AW4、AW5、A100の計8機種。約34万台のうち、日本国内では4万5000~5万台が出荷されていたという。
 東芝によると、不具合の原因は電池内で使う絶縁紙の不良。今年8月に米コンピューター大手デルやアップルコンピュータが実施したソニー製電池のリコール(回収・無償交換)とは不具合の個所が違い、発煙や発火の恐れはないという。無償交換は12月25日までで、問い合わせ窓口は0120・366・554。
(2006.9.19/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-19 16:05 | PC  

<< au、「W43H」「W43CA... アドビ、「Acrobat 8」... >>