AppleがBoot Campの最新版を公開


Apple ComputerがBoot Campのマイナーバージョンアップ版1.1.1βをリリースした。
アップデート内容はWindows XP用のドライバが更新されたのみ
 8月15日に1.1βが公開されたBoot Campだが、その1カ月後の9月15日(米国時間)、マイナーバージョンアップとなる1.1.1βが公開された。

 今回の改訂内容は、最新のインテルCPU「Core 2 Duo」搭載Mac(新型iMacとMac mini)のサポートとBluetoothデバイスへの対応改善が主な内容で、Windows XPで利用するドライバ集「Macintosh Drivers」の内容が更新されたのにとどまる。また、新しい1.1.1βのファイルサイズは、1.1βの202Mバイトから186Mバイトまで減っている。

 なお、すでにBoot Campを利用している場合は、1.1.1βの導入に当たってWindows XPの再インストールやパーティションの変更は必要なく、1.1.1βのMacintosh Driversからドライバを更新するだけでいい。

 ちなみに、Macintosh Driversを作成するために、「Boot Campアシスタント」を起動しなくてもよいのは1.1βと同じだ。

(2006.9.18/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-18 11:03 | インターネット総合  

<< メディアグローバル、毎秒32ギ... NEC、携帯電話の基地局つなぐ... >>