NEC、携帯電話の基地局つなぐ無線システムを増産


 NECは携帯電話の基地局をつなぐ無線システムを増産する。2006年度に15万台と前年度比25%増やし、中国、インドなどBRICs諸国の市場を開拓する。無線システムを使えば基地局間に回線を敷く必要がなく、加入者や通信量の急増に対応するため基地局増設を急ぐ通信事業者のニーズが高まっている。世界シェア2位の同社は海外市場の開拓を急ぎ、首位のスウェーデン・エリクソンを追う。

 増産するのは同社が「パソリンク」の名称で展開している無線システム。送受信装置と信号を処理する装置の2つのユニットで構成する。子会社のNECワイヤレスネットワークス(福島県福島市)で全量を生産している。(2006.9.18/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-18 09:29 | インターネット総合  

<< AppleがBoot Camp... 日本HP、低価格で高画質を実現... >>