「W-ZERO3」で使えるロケフリプレーヤー、9月下旬リリース



 ACCESSは9月15日、Pocket PC向けのロケーションフリープレーヤー(クライアントソフト)「NetFront LocationFree Player for Pocket PC」のダウンロード販売を、9月下旬から順次開始すると発表した。当初の対応機種はW-ZERO3(WS003SHとWS004SH)で、価格は2079円。

 NetFront LocationFree Player for Pocket PCは、ACCESSがソニーからライセンスを受けて開発した、「ロケーションフリー」からの映像をPocket PCで視聴できるアプリケーションだ。Pocket PCに本ソフトをインストールすると、インターネットや無線LAN経由でテレビを操作し、さまざまな番組を試聴できる。なお今回発売されるバージョンでは、外部入力機器への映像の切り替えや操作はできない。これらの機能は購入者に無償で提供される次期バージョンで対応する予定だ。

 対応機種はW-ZERO3のみとなっているが、現在さまざまな機器で検証を行っており、順次増やす計画。「『W-ZERO3[es]』にも対応する予定」(グローバルコーポレートコミュニケーション部)だという。

 価格は2079円で、9月下旬から順次クラブビットウェイ(http://www.bitway.ne.jp/)、Good Crew Leche(http://leche.goodcrew.ne.jp/)、Vectorプロレジ(http://www.vector.co.jp/)で販売を開始する。

 ACCESSでは、2006年5月にソニーや加賀電子と共同で発表会を開催し、「Pocket PC 2003」以降および「Windows Mobile 5.0」以降に対応するPocket PC用プレーヤーを開発していることを明らかにしていたほか、W-ZERO3(WS004SH)の発表会では、α版のプレーヤーを使ったデモなども行っていた。

(2006.9.15/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-15 16:48 | インターネット総合  

<< ソニエリが作ったら、“光る携帯... プロトン、Intel Mac上... >>