iPod対抗「Zune」の詳細が明らかに――Microsoft、スペックを公開

Microsoftが9月14日、デジタルメディアプレーヤー「Zune」のスペックを公開した。容量は30Gバイト、本体の色は黒、白、茶色の3色。

 音楽、写真、ビデオの保管、再生が可能。Wi-Fi機能を持ち、3インチのカラー液晶と、FMラジオチューナーを内蔵している。米国での発売はクリスマスシーズンになる見通し。

 ワイヤレス接続により、Zune同士での楽曲や写真の共有が可能だが、相手から受け取った曲は3日間で3回までしか再生できない。その曲が気に入った場合は、改めて自分で購入することになる。

 Microsoftが同時に立ち上げる「Zune Marketplace」から、楽曲を購入、ダウンロードすることができる。また月額一定料金を支払い、無制限にZune Marketplaceからのダウンロードが可能になる「Zune Pass」もある。

 iPodユーザーの取り込みも狙っている。

 iTunesのライブラリから楽曲、ビデオのファイルを自動的にインポートすることが可能で、取り扱うことができるファイル形式はオーディオがWMAに加え、MP3、AAC、ビデオはWMV、MPEG-4、H.264、そして写真用にJPEGもサポートする。中でもAACとH.264はiTunesとiPodの主力フォーマットで、これまでWindows Media Playerや対応携帯デバイスではサポートされていなかった。

 付属アクセサリも同時公開された。車内でも充電、再生が楽しめる「Zune Car Pack」(「AutoSeek」付きFMチューナー、充電器)、テレビやスピーカーに接続可能な「Zune Home A/V Pack」(ACアダプタ、A/V出力ケーブル、Zuneドック、シンクケーブル、ワイヤレスリモコン)、旅行中でも使える「Zune Travel Pack」(バッグ、保護ケース付きイヤフォン、リモコン、シンクケーブル、ACアダプタ)の3種類。

 iPod用の周辺機器ベンダーであるAltec Lansing、Belkin、Digital Lifestyle Outfitters (DLO)、Griffin Technology、Harman Kardon、JBL、Logitech(日本ではロジクール)、TargusなどがZune対応を予定している。

(2006.9.15/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-15 10:25 | 周辺機器  

<< 米Google、日本語版「Go... 売り上げ都内最大、ヨドバシAk... >>