iPod映画配信 「名画」争奪戦激化へ DVDに脅威

米アップルコンピュータが、人気の携帯音楽プレーヤー「iPod」などで映画が見られる新サービスを開始したことで、今後、映画のインターネット配信ビジネスが本格化しそうだ。米ではネット関連ビジネス大手のアマゾン・コムやAOLも参入しており、「音楽」に続いて「映画」ソフトもネット配信が主流となり、DVDソフトの販売にブレーキがかかる可能性も出てきた。今後、次世代DVD対応機種の販売を本格化させる予定のソニーや東芝など、日本の大手電機メーカーも対応を迫られそうだ。
 アップルは普及を急ぐため、DVDの発売と同時に配信される新作も、事前予約なら配信料は12.99ドル(約1500円)と低価格に設定した。年内は米国限定で、配信されるのもウォルト・ディズニー系列の作品のみだが、利用状況次第で日本など海外市場への参入や他の映画会社の作品に拡大する可能性が高い。
 アップルは視聴方法でも新戦略を打ち出した。薄型テレビで視聴できる装置を来年初めに発売し、これまでなかったテレビとの連携を強化する。従来のDVD再生機(プレーヤー)などで、DVDのソフトを再生する必要がないため、DVDとその対応機いずれの存在も揺るがしかねない。
 日本メーカーは現在、次世代DVDの規格を巡りソニーなどの「ブルーレイ・ディスク(BD)」陣営と、東芝などの「HD-DVD」が、規格争いを演じている最中。両陣営とも国内の年末商戦に向け、普及のカギを握る映画ソフトの充実を競っている。アップルの映画配信という新たな競合相手の登場で、日本メーカーは米市場で、規格争いだけでなく、ネット配信サービスに対抗する必要に迫られる。
 映画のネット配信が脅威となるのは、DVD関連機器メーカーにとってだけではない。米ではiPodの登場で音楽のネット配信が普及し、大手音楽ソフト販売「タワーレコード」の破たんの要因にもなった。日本で映画のネット配信が本格化すれば、DVDを販売する小売店や、DVDのレンタルビジネスにとっても打撃になりそうだ
(2006.9.14/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-15 02:47 | インターネット総合  

<< 売り上げ都内最大、ヨドバシAk... ITで在宅勤務、総務省が官公庁... >>