MS、「Internet Explorer 7」の正式版候補となるRC 1 日本語版を公開




写真:インプレス
 
 マイクロソフト(株)は12日深夜、同社製Webブラウザーの次期バージョン「Internet Explorer 7」(以下、IE 7)のリリース候補版となるRelease Candidate 1 日本語版を公開した。8月25日に公開された英語版に引き続いての公開となる。対応OSはWindows XP/Server 2003/XP x64/Server 2003 x64/Server 2003 IA64で、Windows Vistaへのインストールは行えない。現在、同社のホームページからダウンロードできる。

 最終ベータ版であるBeta 3からの変更点は、英語版と同様に動作のパフォーマンスや安定性、セキュリティなどの改善で、新機能はない模様。また、以前のベータ版に上書きインストールできるようになったほか、編集部にてRC 1 英語版への上書きインストールも可能であることを確認した。

 今後は、今年第4四半期に予定されている正式版のリリースに向けて、既に修正中の不具合や、致命的な不具合の修正のみが行われるという。そのほかIE 7の新機能については、下記リンクにあるBeta 2、Beta 3の英語版公開時の記事を参照してほしい。



(2006.9.13/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-13 17:04 | インターネット総合  

<< 携帯電話 音楽ケータイが熱い♪... NEC、インテルCPUとチップ... >>