8820円のインクジェットプリンター・日本HP、写真も高画質


 日本ヒューレット・パッカード(HP)は12日、価格が8820円と同社では最も安い家庭向けA4判インクジェットカラープリンター「HP Deskjet D4160」を発売したと発表した。モノクロ印刷で最高毎分30枚、カラーで同23枚と印刷速度を高め、高画質の写真印刷にも対応する。インクジェットプリンター市場は複合機の普及で単機能プリンターの需要が縮小しているが、HPは思い切った低価格戦略でシェア拡大を狙っているようだ。


 「D4160」は前面給排紙方式で、給紙トレイは最高100枚、排紙トレイは最高50枚。プリント解像度は4800×1200dpiで、L判写真プリントを最速21秒で印刷できる。


 オプションの6色インクを使用すれば、より高画質に写真を印刷できる。写真印刷用の6色カラーカートリッジとL判写真用紙170枚をセットにしたパックの価格は3990円で、これを使い写真を印刷した場合のランニングコストは1枚あたり23.5円の計算になる。


 同社の「HP Directplusオンラインストア」と同コールセンターを通じて販売する。HPは2005年からスキャナー、コピー機能も備えた複合機としては同社で最低価格となる「HP PSC 1510」を9870円で販売している。(2006.9.12/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-12 16:28 | 周辺機器  

<< イー・モバイル、ドコモと3G携... ソニー、タッチパネル液晶搭載の... >>