マイクロソフト、「Windows Live Search」を正式版を提供開始



 「Windows Live Search」が米国時間9月11日、ベータ版公開されて1年もたたないうちに正式稼働を開始した。

 Microsoftによると、Live Searchは、ユーザーインターフェースが改善され、検索精度が向上しているという。

  Live Search は MSN Search の検索エンジンとしても使用される。また、Live.comもベータ版として公開される。 Live Local Search の正式サービスも開始されるが、米国および英国だけが対象となる。Microsoftは、同社の新しいインターネットサービスおよびソフトウェアの一部としてこれらを位置づけている。

 同サーチエンジンのベータ期間は比較的短い間であったが、ユーザーからのフィードバック、個人ユーザーらとの会合、検索時のユーザーの振る舞いについての調査結果などを検討した結果、世界的に公開するのに十分な改善が見られたとMicrosoftは判断したと、サーチビジネスゼネラルマネージャーのDerrick Connell氏は述べた。Connell氏は、今回の公開が同社にとっての「転換点」になると述べている。

 Live Searchを使うことで、ニュース、画像、映像、ブログ、RSSフィードの検索が1つの検索ポータルより可能となる。インターネット検索を容易にするため、新機能も追加されている。例えば、前回の検索に関する情報を保持し、そのコンテキストで次回の検索を実施するためのバーがページの上部に設置されている。

 新しいLive Searchでは、これまでより精度の高い検索結果を速く返せるようになった、とMicrosoftでは述べている。



(2006.9.12/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-12 16:20 | インターネット総合  

<< ソニー、タッチパネル液晶搭載の... jigletが利用可能なW-Z... >>