jigletが利用可能なW-ZERO3向け「jigブラウザ」提供開始


 jig.jpは、ウィルコムのW-ZERO3シリーズ向けに、jigletに対応したブラウザソフト「jigブラウザ」の提供を開始した。

 今回配信が開始された「jigブラウザ」は、W-ZERO3シリーズで利用できるフルブラウザ。新たにjigブラウザ上で利用できるアプリケーション「jiglet」に対応したことで、jigブラウザのプラグインやアプリケーションとして動作可能なjigletを利用可能になっている。

 このほか、方向キーでのポインタの操作、片手操作、パソコン向けブラウザソフト「Sleipnir」とのお気に入りの同期、複数ページのタブ切り替え機能、メーラー機能、スケジューラ機能、RSSリーダー機能などを搭載する。

 利用料は月額630円、もしくは年間6,000円。ウィルコム公式課金が利用できる。アクセスは公式メニューの「ツール」から。

(2006.9.12/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-12 16:20 | インターネット総合  

<< マイクロソフト、「Window... 携帯オーディオで日本企業躍進、... >>