ドコモ、燃料電池開発会社と業務・資本提携




 NTTドコモは、携帯機器用の燃料電池を開発するアクアフェアリーの第三者割当増資を引き受け、アクアフェアリーと業務・資本提携を締結したと発表した。

 アクアフェアリーは、水素型燃料電池技術を基礎としたFOMA向けのマイクロ燃料電池充電器をドコモと共同開発している。今回の業務・資本提携により、ドコモはアクアフェアリーの株式の約36.5%を今後取得する予定で、燃料電池開発の強化を図っていくとしている。

(2006.9.12/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-12 16:17 | 周辺機器  

<< イオン、デジタルチューナ内蔵3... 「Google Earth」、... >>