DSL契約、初の減少=光回線は600万突破-総務省



 総務省が11日発表した6月末時点のブロードバンド(高速大容量)通信サービス契約状況によると、ADSL(非対称デジタル加入者線)などのDSLサービスは3月末比0.2%減の1449万0994件となり、4半期ごとの調査で初めて減少に転じた。一方、光ファイバー回線は15.5%増の630万5597件。契約純増数はブロードバンド通信全体の9割強を占め、光回線サービスの普及が加速している状況を改めて裏付けた。 
(2006.9.12/時事通信)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-12 06:04 | インターネット総合  

<< 雨が降る時だけメールで通知を受け取る 6万円イヤホンが大人気、品切れ... >>