電子部品、携帯向け一斉増産――パソコン低迷補う

 IT(情報技術)産業の収益をけん引する電子部品メーカーが携帯電話向け部品を一斉増産する。TDKや村田製作所は国内の生産能力を大幅に増強、オムロンは今秋中国で新工場を稼働させる。好調だったパソコン向けが不調に転じたが、携帯向けの拡大で今年度の日本の電子部品世界出荷額は昨年度の伸び率12%を上回る勢い。世界で高いシェアを握る日本メーカーは成長への重点投資分野をパソコンから携帯電話にシフトする。

 TDKや村田製作所が増産するのは電流制御などに使われる「セラミックコンデンサー」。TDKは秋田などの生産設備を増強し、同部品で世界最大手の村田製作所は福井県越前市の事業所内に150億円を投じ新工場を建設する。
(2006.9.9/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-09 11:07 | インターネット総合  

<< 東芝、HDDVDの再生機能を備... ネットカフェの常識を変える『プ... >>