サンワサプライ、コネクタ形状を問わない分配ケーブル型のUSB 2.0ハブ

サンワサプライは、各ポートを独立させることで接続する機器のコネクタ形状を問わず、すべてのポートを使い切れる分配ケーブル型のUSB 2.0ハブ「USB-HUB227シリーズ」と「USB-HUB228シリーズ」を発売する。価格はそれぞれ2,520円、2,100円。カラーはブラック、ホワイト、ブルー、クリアの4色。

 USB-HUB227シリーズは4ポート、USB-HUB228シリーズは2ポートタイプのバスパワー専用USB 2.0ハブ。コネクタの抜き差しがしやすいように、ポートをつなぐケーブルが長短2種類の長さになっている。

 サイズと重量は、USB-HUB227シリーズが24×61×12mm、約62g(ハブ本体のみ)、USB-HUB228シリーズは24×61×12mm、約45g(ハブ本体のみ)。いずれも接続する機器の消費電流の合計は350mA以内が推奨されている。
(2006.9.8/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-08 18:06 | インターネット総合  

<< 貯金箱も格差社会!? 5本のシ... ららぽーと、Suica/iDの... >>