ららぽーと、Suica/iDの共用端末を導入



 ららぽーとは9月7日、同社が新設する商業施設、ラゾーナ川崎プラザ、アーバンドックららぽーと豊洲、ららぽーと柏の葉、ららぽーと横浜で、電子マネー「Suica」と、おサイフケータイクレジット「iD」を含む複数の決済サービスを利用できるマルチ決済端末を導入すると発表した。

 2007年3月以降順次、上記の4施設全館で導入していく。本端末は、iD、Suica以外の電子マネー/クレジット決済サービスについても対応できる仕様になっているが、どの方式に対応するかは今のところ未定だという。

 システム構築は、NTTデータが請け負う。NTTデータ、ドコモ、JR東日本の3社は、SuicaとiDの共用リーダー/ライターを開発したり、共通利用センターを管理・運営する目的で「Suica普及有限責任事業組合」を設立している。ららぽーとが今回導入する今回の決済システムの費用の一部は、Suica普及有限責任事業組合から一部費用提供を受ける予定。これは同組合からの資金提供の第1号案件になるという。

 FeliCaを利用した決済方式が複数あることから、マルチ端末の導入を目指す小売業者が増えつつある。中心はコンビニエンスチェーンで、ローソン、セブン&アイホールディングスがFeliCaを利用する全決済方式に対応する決済端末の開発を表明しているほか、ファミリーマートは、Edy/iD共用端末を導入することを明らかにしている。

(2006.9.8/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-08 18:01 | インターネット総合  

<< サンワサプライ、コネクタ形状を... アキバに“10倍速い”「N90... >>