マイクロソフト、9月の月例パッチは“緊急”を含む3件



 マイクロソフトは8日、日本時間9月13日にリリースする予定のセキュリティ修正プログラム(パッチ)の事前情報を公開した。最大深刻度が4段階中で最も高い“緊急”のものを含む、3件のパッチの公開を予定している。

 公開を予定しているパッチは、Windowsに影響があるものが2件、Officeに影響があるものが1件。Officeに関するパッチが最大深刻度“緊急”のもので、Windowsに関するパッチは最大深刻度は上から2番目の“重要”としている。

 また、セキュリティ以外の優先度の高い更新プログラムを3件公開するほか、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」も更新バージョンをリリースする。
(2006.9.8/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-08 17:56 | インターネット総合  

<< 「ハルヒ」「男前豆腐」に見る、... MS、機能を抑えて低価格化を図... >>