ソニー、MPEG4-AVC採用でより高画質より簡単になった「ロケーションフリー」

ソニーは、自宅に保存した動画コンテンツを外出先からネットワーク経由で視聴できるマルチメディアサーバ「ロケーションフリー」シリーズにベースステーション「LF-PK20」とTVボックス「LF-BOX1」の2製品を追加する。発売日はそれぞれ10月20日と10月27日。価格はオープンだが、実売予想価格は33,000円前後、23,000円前後。

 LF-PK20では、送受信される映像データのフォーマットに新たに「MPEG-4 AVC」を採用して高画質化をはかったほか、ベースステーションの設定方法を簡略化してUPnP対応ルータを接続した場合は2ステップで外出先で映像を見るための設定が完了するよう改善された。また、IEEE802.11a/b/g規格のワイヤレス接続に対応し、ネットワーク回線速度に応じて最適な動画のビットレートを検出して映像が途切れないように自動調整する「ネットワーク適応型VBR」機能により、安定した映像配信を実現している。さらに同梱ソフト「ロケーションフリープレイヤー」には、DVDレコーダーなどの外部入力機器を操作できる「汎用画面リモコンパネル」機能が追加された。

 サイズと重さは、8.5×19.7×12.8cm、約0.51kg(スタンドつき)、4.6×19.2×12.8cm、約0.48kg(スタンドなし)。

 LF-BOX1は、ベースステーションから送信された、DVDレコーダーに録画した番組やCS放送の番組、ケーブルテレビの番組といった映像コンテンツを自宅の別の部屋や外出先のテレビで視聴するためのもの。なお、MPEG-4 AVCによる安定した画質での視聴が可能な「通信優先モード」とLF-PK20とLF-BOX1を組み合わせた場合にのみ利用できる、MPEG-4 AVCよりもさらに高画質なMPEG-2形式で視聴できる「画質優先モード」の2モードが用意されている。また、テレビ画面に「画面リモコン」を表示して付属のリモコンで操作することにより、ベースステーションに接続した外部機器の遠隔操作も可能だ。
(2006.9.7/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-07 15:19 | 周辺機器  

<< 「Firefox」ファンの仕業... WSJ-アップルが新型iMac... >>