3ヵ月、1万円限定で即発行――JCB「お試しQUICPay」

 ジェーシービーは9月7日より、従来提供していたQUICPay用アプリをバージョンアップするとともに、携帯から申し込むとすぐにQUICPayサービスを利用できるようになる「お試しQUICPay」サービスを開始する。お試しQUICPayは、利用期間を3カ月間、利用限度額を1万円に制限する代わりに、JCBカードのユーザーに対して、登録から最短1分でQUICPayを発行、利用できるというもの。

 当初はau用だけの提供だが、ドコモ・ボーダフォンにも追って提供したい考え。お試しQUICPayは、最新版のQUICPay設定アプリから利用が可能。最新版のQUICPay設定アプリは、JCBのEZ FeliCa用メニューで9月7日からダウンロードできるようになるほか、8月28日に発表されたauの秋冬モデルのうち、EZ FeliCa対応機種にプリインストールされる。

 お試しQUICPayとQUICPayは、ドコモが提供している「DCMX mini」と「DCMX」の関係に似ている。ただしDCMX miniではクレジットカードが不要であるのに対し、お試しQUICPayではJCBカードユーザーが対象となる点が異なる。DCMX miniの与信を行うのはドコモだが、お試しQUICPayの与信を行うのはJCBであるためだ。DCMX miniの利用料は携帯電話の利用料と一括して請求されるが、お試しQUICPayの利用料は、JCBカードの利用料とまとめて請求される。

 JCBがお試しQUICPayを提供することで目指しているのは、QUICPayを即時利用できるようにすることと、QUICPayモバイル(携帯電話用QUICPayアプリ)に限りオンライン入会手続きを短縮化することにある。現在、JCBカードユーザーがQUICPayを電話やPCサイトで申し込むと、QUICPayを利用し始めるまでに3週間程度かかるが、お試しQUICPayからQUICPayモバイルへの申し込みは、最短3日程度に短縮される。

 7月末時点で、QUICPayユーザーは約7万人弱、加盟店数は約1万店。JCBでは、2008年までに500万人の利用者と10万店の加盟店を目指す。

(2006.9.6/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-07 05:36 | インターネット総合  

<< グーグル、過去記事検索サービス開始へ <PS3>量産遅れで、欧州での... >>