香り付きラジオ、始まる

エフエム東京とNTTコミュニケーションズは9月4日、「音楽」と「香り通信」を組み合わせる“香るラジオ”を発表した。TOKYO FMで放送中の女性向け情報番組「Tapestry」(タペストリー)で毎月1曲を取り上げ、曲のイメージに合わせた“香り”を配信する。

 「香り通信」は、6種類のエッセンシャルオイル(精油)が入る「アロマジュール」をパソコンに接続すると、Webサイトからダウンロードした“香りレシピ”に合わせて香りを調合してくれるというもの。同社は個人向けのほか、ホテルの客室が香る「フレグランスルーム」(帝国ホテル大阪)や映画館の「アロマプレミアシート」など多方面に香り配信サービスを提供しており、音楽と組み合わせる試みは“第5弾”。JAA認定アロマコーディネーターの資格を持つNTTコム・ネットビジネス事業本部の浜田俊一氏は、「香りを共有することで、(映像のない)ラジオでもイマジネーションをかき立てることができる。スタジオと同じ空気や雰囲気を共有してほしい」とした。

 「香るラジオ」では、20~30歳代の女性向け情報番組「Tapestry」に新コーナー「香りセレクション」を設け、毎月1曲をピックアップ。アーティストが自らの曲に合わせて選択した“香りレシピ”を番組のホームページで紹介する。

 第1弾アーティストは、10月11日に新曲「大切な約束」をリリースする川嶋あいさん。香りは「思い出」をテーマにして選んだというもので、レシピは“ベルガモット7、サンダルウッド10、カモミールローマン2”の割合。「リラックスできる香りを3種類揃えた」。また、10月18日に開催するライブ(めぐろパーシモンホール)でも、その香りと新曲を披露する予定だ。

 香り通信に必要な「アロマジュール」や精油は、NTTコムが運営する「CoDenモール」で販売中。モジュール本体と精油6本のセットで4万9900円となっている。ただし、川嶋さんの曲に合わせたアロマは標準セットに含まれておらず、現状では個別に購入する必要がある。NTTコムでは、「香るラジオの開始に合わせ、川嶋さんの曲に必要なアロマ3種をセットにして販売する」としており、10月から8000円前後で販売する方針だ。


(2006.9.4/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-05 05:38 | インターネット総合  

<< 野村監督の「ぼやき」を着信音に... ネットで香り添え 曲売り込み >>