ネットで香り添え 曲売り込み


これは、東京のFMラジオ局と通信サービス会社のNTTコミュニケーションズが共同で来月から始めるものです。利用者は、およそ5万円の香りを発生させる装置を購入してパソコンに接続します。そして、ラジオ局のホームページで楽曲ごとに指定されたデータを選ぶと、インターネットを通じて香りの発生装置が作動する仕組みです。香りの発生装置は、6種類の香料の配合を変えることで、曲ごとに異なる香りを出すことができます。ラジオ局では、レコード会社と組んで歌手や楽曲を選び、コンサート会場やCDショップの売り場でも同じ香りを出すことで、CDの売り上げや番組の活性化につなげる狙いがあります。一方、NTTコミュニケーションズには、映像や音声だけでなく香りでも通信によるサービスの可能性を広げる狙いがあり、香りを添えて楽曲を売り込むという新たな試みに注目が集まりそうです。(2006.9.5/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-05 04:06 | インターネット総合  

<< 香り付きラジオ、始まる アップルがPowerBook ... >>