ブログの内容、「信ぴょう性ある」8割・民間調査


 インターネット調査を手掛けるクロス・マーケティング(東京・中央、五十嵐幹社長)とネット広告のオプトは、15歳以上のネット利用者を対象にしたブログ(日記風の簡易ホームページ)とソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用状況調査の結果をまとめた。

 「ブログの書き込み内容に信ぴょう性があるか」との問いに対し、「あると思う」は17%。「ややあると思う」(66.7%)と合わせると全体の83.7%を占め、情報源として活用している人が多い。
(206.9.4/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-04 11:05 | インターネット総合  

<< 次世代HP Pavilionは... おサイフケータイ 広がる利用 ... >>