KDDI、“ケータイでSNS”に本腰──「グリー」に出資



 KDDIは7月31日、ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)「GREE」を運営する「グリー」が実施する第三者割当増資を引き受け、同社に3億6400万円を出資したと発表した。

 KDDIは、PCと携帯電話間でシームレスに利用できるSNSを提供することで、新たなユーザー間のコミュニケーション手段を提供するとともに、SNS経由での拡大が見込めるデジタルコンテンツやEコマースを発展させたい考え。なお、具体的なサービス内容や、サービスの提供時期については未定としている。

 グリーはPC向けのSNS「GREE」(2004年7月)を2004年2月から提供する企業で、SNS業界では最大手の「mixi」に次ぐ二番手に位置付けられている。同社は2005年6月に携帯向けSNS「GREEモバイル」を導入するなど、モバイル向け事業にも注力している。

 今回の提携により両社は、それぞれの顧客基盤やブランド、事業ノウハウなどを融合し、携帯電話の強みを活かしたSNSサービスの企画・運営を共同で検討する。

(2006.7.31/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-31 20:25 | インターネット総合  

<< goo検索に“ブログは除外”機能 マイクロソフト、「Office... >>