マイクロソフト、「Office 2007 Beta 2」を有償化へ



 Microsoftは今週、大半のソフトウェアベンダーとは逆に、少額ではあるが「Office 2007 Beta 2」のダウンロードを有料化する計画だ。

 Microsoftの広報担当者によると、「 2007 Microsoft Office 」システムのBeta 2をダウンロードするには米国太平洋夏時間8月2日午後6時より1回当たり1.50ドルが必要になるという。

 同広報担当者は、「5月末以来、Beta 2は300万回以上ダウンロードされてきた。これは予想の5倍以上に達する。徴収するダウンロード料金は、サーバからのダウンロードに必要なコストの一部に充てる」と述べている。

 MicrosoftのInformation Worker Product Management Groupでは、Beta 2の新ユーザーへの課金を決めたが、同ソフトウェアの既存ユーザー向けとなる「技術リフレッシュ」というアップデートは無償のままにすると、同広報担当者は語っている。

 動作レビュー目的で Beta 2のテストドライブ を使用したい場合は、同ソフトウェアに無償でアクセスできる。しかし、これを社内システムでテストをするにはダウンロードもしくはCDが必要になる。

 「MicrosoftがOfficeのベータを有料にするのは今回が初めてだが、この方法を今後継続的に採用する予定はない」と広報担当者は述べている。

(2006.7.31/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-31 13:38 | インターネット総合  

<< KDDI、“ケータイでSNS”... 紛争下で交流を続けるイスラエル... >>