ちょっとシュールな(?)Zuneティーザーサイト




このムービーにはどんな意味が込められているのだろうか…… 写真:ITmedia
 
 MicrosoftがAppleのiPodとiTunesに対抗する音楽製品「Zune」のティーザーサイトを立ち上げた。

 このComing Zuneサイトにアクセスすると、おじさんと小さな人間がウサギらしき動物をなでているムービーが流れる。

 ムービー終了後にはZuneのロゴが表示され、ニュースレター登録ページに切り替わる。このページでは、自分や友人のメールアドレスを登録してZuneニュースレターを受け取ることができる。

 またMicrosoftはZuneプロジェクト公式ブログ「Zune Insider Blog」も立ち上げた。担当者のシーザー・メネンデス氏はこのブログで、Zuneは「音楽とエンターテインメントへの新しい総体的なアプローチ」であり、「このプロジェクトの一環としてデバイスをリリースする」と述べている。

 また同社はZuneプロジェクトの下で、新たな音楽とエンターテインメントを発見するために人々をつなぐコミュニティーを構築することを目指しており、このブログはその一環という。

 Microsoftは小型コンピュータUMPC(コードネーム:Origami)発表の際にも謎めいたティーザーサイトを立ち上げた。このサイトは大きな関心を集め、正式発表までの約3週間で200万件を超えるアクセスを記録した。



(2006.7.24/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-24 15:49 | 周辺機器  

<< 米国製ファイル交換ソフトで詐欺... 番号ポータビリティ、「たぶん1... >>