モバイル検索利用者の4割が広告をクリック【第14回:モバイル調査】



この「 モバイルリサーチwithgoo 」では、 gooリサーチ と japan.internet.com が共同で、携帯電話を活用したリアルタイムアンケートを定期的に行い、その結果を発表している。
前回 は「モバイル検索」について調査し、検索ページの利用率は7割弱という結果が得られた。今回のテーマは前回と同じく「モバイル検索」とし、実際に使用されている検索サービスなど、より詳細な調査を行った。

■ 3割のユーザーがネットを「よく閲覧する」
まず、携帯電話によるインターネットの利用動向に関して質問を行った。すべての回答者に対して、「あなたは普段、携帯電話からインターネットを閲覧しますか」とたずねたところ、32%(348人)が「よく閲覧する」と回答している。

「たまに閲覧する」という回答は45.98%(498人)で、「よく閲覧する」との合計は78.11%となる。8割近くのユーザーが、日常的に携帯電話で Web サイトを閲覧しているといえる結果だ。【詳しいデータは こちら 】

■ モバイル検索でも「Yahoo!」が人気
パソコンの検索サイトでは、Yahoo! と Google が2強。Yahoo! はモバイル検索でも人気が高いようだ。回答者全員に対して、「利用したことがある検索サイトを教えてください」との質問を行ったところ、「Yahoo!」がトップで65.5%(676人)という結果となった。

検索サービスは、携帯電話会社が EZweb やiモードのメニューに設置しているものも存在するが、「メニューにある検索サイト」を選んだ回答者は35%(371人)と、Yahoo! の半数程度にとどまった。なお、Google はそれに次ぐ3位で26.94%(278人)。【詳しいデータは こちら 】

■ 検索サイトのバナーや広告のクリック率は?
モバイル検索サイトの広告効果に関しても調査を行った。携帯電話会社のもの以外の検索サイト利用経験者755人に「検索サイトにあるバナーやPR広告をクリックしたことがありますか」との質問には 43.58%(329人)が「ある」と回答している。4割強が広告をクリックした経験があるという結果となった。【詳しいデータは こちら 】

今回のモバイル検索調査では、モバイル検索においても、Yahoo! の人気が高いことがわかった。

ソフトバンク=ボーダフォンは、ヤフーとの連携を発表している。MNP 以降にはこの連携が大きな力となり、携帯電話会社の勢力図は大きく変わるかもしれない。

しかし、Google と KDDI が提携し、NTT ドコモは goo、Google など数社と連携、5つ程度の検索エンジンを搭載した強力な検索サービスを2006年10月に開始するとしている。

8割もの利用経験者だけではなく、利用経験のないユーザーも巻き込むであろう、携帯電話会社によるモバイル検索戦争は、この10月にヒートアップするはずだ。

調査は、日本全国に住む10代~50代以上の男女合わせて1,083人を対象に実施。男女比率は、男性43.40%、女性56.60%。年齢層分布は、10代3.51%、20代34.16%、30代40.16%、40代18.47%、50代以上3.70%。





(2006.7.18/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-19 07:17 | 周辺機器  

<< ジダン選手の「頭突き」問題を悪... 米デル、日本でカラープリンター... >>