【中国】百度:従業員呆然、わずか数分の会議で事業部閉鎖



 中国検索サイト大手の百度が、わずか数分間の会議で一つの部門を閉鎖し、その所属従業員を全員解雇するという、大胆な人員削減を行った。冷静で控え目といわれている李彦宏・CEO(最高経営責任者)が行った過激な軌道修正は、関係者の間で波紋を呼んでいる。

 解雇された百度の元従業員は、突然起こった人員削減事件の経緯を、ネット上に怒りを交えて書き綴っていた。それによると、北京市、上海市、広東省・深セン市にある百度の企業ソフトウェア事業部の全従業員が、10日の午後2時に各オフィスの会議室に一斉に呼び出され、何の前置きもなく解雇通告が言いわたされたという。

 「何の事前説明もなかった」「理解できない」。従業員たちは驚きを隠せなかったが、この頃にはすでに彼らのメールアカウントも抹消されており、解雇に関する事務処理もすでに進められていたという。

 今回の人員削減について百度側は、12日に声明を発表。企業ソフトウェア事業は同社の中心業務である検索サービスから外れており、実績も思わしくなかったので、この分野から撤退せざるを得なかったとしている。百度の関係者は、「これは正常な企業戦略であり、全国で20数名しかいない事業部を解散しただけだ」と述べているが、解雇された元従業員らは、「経営陣が犯したミスの責任を、一般の従業員に押し付けた」と激怒している。

 中国の 検索サイトでトップの地位にある 百度は、広告収入、有料リスティングサービス、企業ソフトウェアの3事業が柱とされているが、実際は有料リスティングサービスの収入が全体の約9割を占めている。企業ソフトウェア部門は主に企業向けに検索情報を提供していた。

 百度は13日に年次式典を開催したが、李彦宏がなぜこの直前を選んで、物議をかもすような手段で軌道修正を行ったのかは、依然として謎のままである



(2006.7.14/サーチナ・中国情報局)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-14 17:52 | インターネット総合  

<< 携帯使う商取引、市場規模は72... 任天堂、「ニンテンドーDSブラ... >>