「IT 用語は難しい」8割以上、要因は“アルファベット”や“短縮”などなど…



気がつくと知らない用語が増えている――。毎日のように新しいサービスや“○○ 2.0”が世に送り出されるなか、このように感じる人も多いはず。特に IT 業界はその傾向が強いのではないだろうか。例えば、やっと Blog がわかってきたら次には RSS がしっかり待ち構えているといった具合に。昨年の調査だが、“ 知らない言葉も使う ”という人は7割を超える。

インターネットコム と gooリサーチ が行った調査によると、IT 用語が難しいと感じる要因は、「アルファベットが多い」、「短縮したものが多い」、「増えるスピードが速い」などであることがわかった。

調査対象は全国10代~60代のインターネットユーザー1,033人。男女比は男性42.59%、女性57.41%、年齢層分布は10代1.84%、20代20.33%、30代41.92%、40代23.23%、50代10.45%、60代2.23%。

全体1,033人に IT 用語が難しいと思うか尋ねたところ、84.22%が「難しいと思う」と回答。年齢別でその割合が最も高かったのは50・60代(87.02%)だが、10・20代(85.59%)や30・40代(83.21%)でもさほど変わらない。

IT 関連用語が難しい理由として、全体で多く挙げられたのは「アルファベットが多い」(497人)、「短縮したものが多い」(423人)、「増えるスピードが速い」(335人)、「耳になじまない」(239人)、「周りに教えてくれる人がいない」(223人)などだ。男女別では、男性は「短縮」に弱く(男性189人、女性234人)、女性は「アルファベット」に弱い(男性179人、女性318人)という結果も興味深い。

また、周りが使っているために、自分も意味を理解していない IT 用語を使うことはあるか尋ねたところ、50・60代では「よくある」(20.61%)、「たまにある」(60.31%)の合計が8割を超えた。20代・30代(合計69.25%)や10・20代(合計63.75%)でも決して少ないとは言えないが、年齢が上がるにつれて「わからない」とは言い出しづらくなるということか。

ところで、わからない用語に出会った場合にとる行動を全体に聞いたところ、「調べる」と回答した人は52.86%で、「そのままにする」(40.27%)を上回る。ただ、「調べる」人の割合を男女別でみると、男性が61.14%であるのに対し、女性は46.71%と差が開いた。

さらに、近頃よく目にする IT 用語についてその概要を知っているか聞いてみた。取り上げたのは昨年と同様、「Blog」、「SNS」、「RSS」などの短縮された用語や、「アフィリエイト」、「ポッドキャスティング」「Web2.0」など比較的新しい言葉だ。

各年齢層で最も認知度が高かったのは、やはり「Blog」(前回1位)だった。それに続いたのは「アフィリエイト」や「QR コード」。一方、グラフにある通り、「SNS」や「RSS」、「SEM」といったよくある“短縮3文字”な用語は理解度が低い。また、昨年から話題となっている「Web2.0」も定義が曖昧なためか、さらに理解されていないのが現状だ。
(調査協力: gooリサーチ )




(2006.7.11/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-11 15:57 | インターネット総合  

<< あの“auシカ”がケータイ着ぐ... 相次ぎWeb2.0対応サービス... >>