Firefoxのシェア、13%に近づく



 オランダの調査会社OneStat.comは7月9日、世界ブラウザ市場において、Firefoxが12.9%のシェアを獲得したとの調査結果を報告した。

 Firefoxのシェアは今年5月以来、1.14%増加した。これに対しInternet Explorer(IE)のシェアは83.05%で、5月から2.12%減少した。

 「Firefoxの世界シェアは伸び悩んだ時期があったが、その後再び急速に伸び始めているようだ」とOneStat.comの創設者の1人、ニールズ・ブリンクマン氏は発表文で述べている。

・世界ブラウザシェア
順位   ブラウザ   シェア
1   IE   83.05%
2   Firefox   12.93%
3   Apple Safari   1.84%
4   Opera   1.00%
5   Netscape   0.16%

・米国ブラウザシェア
順位   ブラウザ   シェア
1   IE   79.78%
2   Firefox   15.82%
3   Apple Safari   3.28%
4   Opera   0.81%
5   Netscape   0.20%

 またオーストラリアではIEのシェアが69.35%、Firefoxが24.23%。ドイツではIEが55.99%、Firefoxが39.02%だった。

 OneStat.comのWeb分析技術は、100カ国5万以上のWebサイトで利用されている。同社は2万人ずつに分けた200万人のビジターのサンプルから統計値を計算している。

(2006.7.11/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-11 04:03 | インターネット総合  

<< 新IP網、設備含め開放――総務... 6月の携帯・PHS契約数、au... >>