「Office 2007」日本語版ラインアップ決定 全部入り「Ultimate」も


 マイクロソフトは7月10日、「the 2007 Microsoft Office system」(Office 2007)の日本語版ラインアップを発表した。統合製品(スイート)は、ほぼすべてのクライアント用ソフトを含む個人向け製品「Ultimate」など6製品。リリースは「2006年内」としている。価格は未定。

 Office 2007は、「Word」「Excel」などのクライアントソフトや「SharePoint Server」などサーバソフトで構成する業務用ソフトウェア製品群。個別ソフトは17製品、サーバ製品は6製品、サーバ製品にアクセスするための「統合クライアントアクセスライセンス」(CAL)が2製品。

 統合製品はパッケージ版と企業向けボリュームライセンス版に分かれ、パッケージ版は「Personal」「Standard」「Professional」「Ultimate」の4製品、ボリュームライセンス版は「Standard」「Professional Plus」「Enterprise」の3製品。

 新たに加わった「Ultimate」は、個人が購入できるスイート製品の最上位。WordやExcel、「PowerPoint」「Access」などの主要ソフトのほか、コラボレーションソフト「Groove」、名刺情報などを管理する「InterConnect」など、ほぼすべてのクライアント製品を含み、ボリュームライセンス版最上位の「Enterprise」とほぼ同等の内容だ。

・パッケージ版スイート製品の構成

製品名   内容
Personal   Word、Excel、Outlook
Standard   Word、Excel、Outlook、PowerPoint
Professional   Word、Excel、Outlook、PowerPoint、Access、Publisher
Ultimate   Word、Excel、Outlook、PowerPoint、Access、Publisher、InterConnect、InfoPath、OneNote、Groove

 マイクロソフトによると、従来のラインアップに比べ「企業情報システム環境への効率的な製品の導入を支援する構成」になっているという。

 現在、β2版をプレビューサイトで配布している。

 米Microsoftは、Office 2007のリリースが企業向けは今年末に、コンシューマー向けはWindows Vistaに合わせた来年1月に延びることを明らかにしている。


(2006.7.11/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-11 03:59 | 周辺機器  

<< 6月の携帯・PHS契約数、au... ネットの力で「わらしべ長者」に... >>