プラスビジョン、フラッシュメモリー対応の電子ボード8月発売


 プラスビジョン(東京都稲城市、福島眞一社長、0120・944・086)は、ボードに書いた文字や図表をフラッシュメモリーに保存できる電子ボード「M―11S」を8月上旬発売する。ボードの高さは920ミリメートルで、幅は1300ミリおよび同1800ミリメートルの2機種。価格は15万1200―24万5700円。(2006.7.8/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-08 13:53 | 周辺機器  

<< 企業のIT予算、1997年以来最高に 楽曲のイメージを色や言葉に代え... >>