マイクロソフト、7月の月例パッチは“緊急"を含む7件



 マイクロソフトは7日、日本時間の12日にリリースする予定のセキュリティ修正プログラム(パッチ)の事前情報を公開した。最大深刻度が4段階中で最も高い“緊急”のものを含む、7件のパッチの公開を予定している。

 公開を予定しているパッチは、Windowsに影響があるものが4件、Officeに影響があるものが3件。

 このほか、Microsoft UpdateおよびWindows Server Update Servicesに関するセキュリティ以外の優先度の高い更新プログラムを1件リリースするほか、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」も更新バージョンをリリースする。

(2006.7.7/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-07 18:14 | インターネット総合  

<< ドコモ、スーパー3Gの実用化へ... シャープ製携帯の一部、特定の文... >>