アップル、eMac後継の低価格iMacを追加


●スペックを落とすことで11万6000円の低価格を実現

 新たに加わったiMacは、これまで教育市場向けに販売されていたCRT一体型eMacの後継機にあたり、従来の17インチiMacからスペックを落とすことで価格を下げたのが特徴だ。

 具体的には、HDDの容量を160Gバイトから80Gバイトに、2層記録対応のSuperDrive(DVD±RW/CD-RW)をコンボドライブに、グラフィックスチップをATI RADEON X1600からチップセット内蔵(Intel GMA 950)にダウンし、Apple Remoteや内蔵Bluetoothを省いている。一方、内蔵ビデオカメラのiSightやギガビットLANの仕様は同じで、有線のApple KeyboardとMighty Mouse、iLife '06が付属するのも従来機と共通だ。

17インチiMac for Education  
CPU   1.83GHz Intel Core Duo
メモリ   512MB(DDR2-667)
HDD   80GB(Serial ATA)
光学ドライブ   DVD/CDコンボ
液晶   17インチワイド
画面解像度   1440×900ドット
グラフィックス   Intel GMA 950
無線LAN   AirMac Extreme
Bluetooth   -
Apple Remote   -
価格   11万6000円
 
 

 価格はオンラインストアのApple Store for Educationで11万6000円。BTOではメモリを最大2Gバイト、HDDを160Gバイトに変更可能で、英語キーボードの選択やApple RemoteおよびFAXモデム(USB接続)の追加などにも対応するが、Bluetoothを加えることはできない。

(2006.7.6/+D PCUPdate)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-06 18:11 | PC  

<< セイコーインスツルが目指す、「... 4割が携帯電話のアラームをメイ... >>