「ニンテンドーDS Lite」のブラックモデル?

「ニンテンドーDS Lite」に新色「ノーブルピンク」が発表されたのは記憶に新しいが、欧州では日本にはないブラックモデルが販売されているのだ。

 日本では7月20日から販売される「ノーブルピンク」のほか、既存の「クリスタルホワイト」「アイスブルー」「エナメルネイビー」の合計4色だ。一方の欧州では、ホワイトとブラックの2色のみとなる。ちなみに欧州での価格は、149.99ユーロまたは99.99ポンド。おおよそ22,000円であるため、日本国内の希望小売価格である16,800円と比較すると若干高い。

 ブラックモデルだが、ほかのモデルと比べて光沢がある。「ThinkPad s30」のピアノブラックモデルを思わせる質感だ。また、付属するACアダプターはもちろん欧州用。日本の商用電源は100Vだが、これは240V用となっている。そのためか、日本向けモデルのACアダプターと比較すると非常に大きい。しかしACアダプタとDSを接続する端子は、共通。日本向けのACアダプタをブラックモデルに接続したところ特に、問題はないようだ。

 また、ソフトウェアについても問題はない。ここに掲載しているブラックモデルは、イギリスで入手したものであるため、デフォルトでは英語の表記であった。しかし、設定画面で簡単に日本語に切り替えられるのだ。

 なおブラックモデルは、欧州向けモデルであるため、日本向けのACアダプターを接続しての使用については保証外となる。また、サポートは欧州の任天堂が行うことになる。
(2006.7.5/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-06 00:21 | 周辺機器  

<< 「本能的に欲しくなる」──[e... 主役はminiSDへ、携帯電話... >>