レーベルゲート、SNS向けに楽曲販売


 音楽配信大手レーベルゲート(東京・港)は7日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でBGMとして利用できる音楽の販売を始める。SNSとネット配信の組み合わせで新たな音楽市場を開拓する。

 7日から同社が本格的に始めるSNS向けに邦楽ヒット曲などを販売する。音楽専門SNSの「プレイログ」内で利用できる。購入者は30秒程度の音楽をプレイログ内の個人ページでストリーミング(逐次再生)配信できる。プレイログの利用者がページを閲覧する際に音楽が流れる仕組み。
(2006.7.5/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-05 09:53 | インターネット総合  

<< IT業界をターゲットにしたカン... 女性専用の“美人ケータイ”──... >>