シンプル京ぽん「WX300K」に2つの新色が登場

 
 ウィルコムは7月3日、「WX300K」に新色の「メタリックシルバー」「ネイビーブルー」を追加すると発表した。メタリックシルバーは7月28日、ネイビーブルーは8月3日に発売する。

 京セラ製端末「WX300K」は、音声通話が中心となるユーザー向けの低価格なモデルながら、OperaフルブラウザやPOP3/SMTPメール機能などを備える端末。2005年9月の発表時にはベールシルバーとパールオークルの2色しかなかったが、2月15日にフローラルピンクを追加し、現在は3色で展開している。8月3日以降は5色の中から選べるようになる。

 また6月13日にはソフトウェアアップデートを実施し、パケット通信の速度を4xに高速化したばかり。新色は4xパケット方式に対応した状態で出荷される。

 主なスペックは以下の通りで、機能面での変更はない。

製品名   WX300K
メーカー   京セラ
サイズ   約49(幅)×98(高さ)×22.8(奥行き)ミリ
重さ   約110グラム
連続待受け時間   約400時間
連続通話時間   約4時間
電話帳   最大500件
メイン液晶   2.2インチ/240×320ピクセル(QVGA)
Webブラウザ   Opera
予測変換   モバイル Wnn
MIDI音源   64和音
データ通信   4x/2x/1xパケット、フレックスチェンジ、64k/32k PIAFS
内蔵カメラ   CMOS約35万画素
セキュリティ   リモートロック


(2006.7.3/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-03 16:34 | 周辺機器  

<< 最初は“女性向け”だった──携... ウィニー開発・公開の元東大大学... >>