新丸ビルにベンチャー支援拠点が誕生

三菱地所は、来年4月に東京・丸の内に完成予定の新丸の内ビルディング(新丸ビル)に、ベンチャー支援拠点「日本創生ビレッジ」を開設する。

 2002年秋の丸ビル開業に合わせて発足したインキュベーションビジネスクラブ「東京21cクラブ」(会員約480人)を移転し、これに20区画程度の小割りオフィスと組み合わせる。同クラブの人的ネットワークの活用や、オフィス利用料の軽減などでベンチャー企業を支援する。三菱地所は対価としてベンチャーから新株予約権を取得する。

 同社はベンチャー企業の育成・支援を丸の内再構築の柱の1つに位置付けており、これまでに支援したベンチャー13社のうち4社が株式公開を果たしている。


(2006.7.3/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-03 16:31 | インターネット総合  

<< ウィニー開発・公開の元東大大学... ドリコム、RSS関連サービスを... >>