米人気SNS「MySpace」日本上陸、ソフトバンクと合弁か


ルパート・マードック氏と孫正義氏が再びタッグを組み、米国で人気ナンバー1のSNSを日本で提供するとアナリストが報告している。

 世界的なメディア企業News Corp.は6月29日、2007年度の同社のインターネット事業の売上高が約5億ドルに上る見込みだと明らかにした。

 同社の広報担当者がこの予測を認める前の28日、同社のルパート・マードック会長兼CEOが豪シドニーの投資家向け説明会で、2006年度のインターネット事業売上高が約3億5000万ドルになるとの予測を披露した。

 マードック氏のコメントは29日のUBSのリサーチノートで報告された。

 UBSのリサーチノートには、News Corp.のMySpace.comサービスが、ソフトバンクとの折半合弁で9月半ばまでに日本で立ち上げられる見通しだとも記されている。このノートはマードック氏の28日のコメントを引用している。News Corp.はこの合弁事業についてコメントを控えた。

 同社は昨年、5億8000万ドルでティーン向け人気SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のMySpace.comを買収し、それをインターネットで最も急成長する資産の1つへと変えた。

 説明会に参加したUBSは、News Corp.は傘下の衛星放送サービス「Sky Italia」を2007年初めに株式公開させることを検討しており、上場すれば時価総額はおよそ75億4000万ドルになる可能性があると述べている。News Corp.はほかに20th Century FoxやFox Newsを傘下に持つ。

 これとは別に同社は29日、元米教育省長官ローデリック・ペイジ氏を取締役に加え、取締役が15名になったことを明らかにした。(2006.7.2/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-02 18:50 | インターネット総合  

<< 米グーグル、ネット決済サービス... 女性・主婦向けのコミュニティサ... >>