Vonage、ネット電話用のUSBデバイス「V-Phone」発表


「Vonage V-Phone」はVonageソフトがプリインストールされ、PCにUSB接続して電話をかけたり留守番電話を聞くことができる。
2006年07月01日 08時06分 更新
 インターネット電話会社の米Vonage Americaは6月29日、PCにUSB接続してVonageの電話サービスを利用できる「Vonage V-Phone」を発表した。

 Vonage V-PhoneはVonageソフトがプリインストールされ、自宅や外出先でブロードバンドに接続されたPCに差し込んでプラグ&プレイで利用できる。付属のイヤフォン付きマイクを使って電話をかけたり留守番電話を聞くことが可能。256Mバイトのフラッシュドライブ搭載で、通話履歴や相手の電話番号はV-Phoneに保存される。

 価格は39.99ドルで、9ドルの初期費用が別途かかる。OSはWindows 98 Second Edition(SE)、Windows ME、Windows 2000、Windows XPに対応。今のところMacやLinuxはサポートしていない。(2006.7.2/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-02 12:25 | インターネット総合  

<< カリフォルニア州アナハイム、市... 日本ビクター、店頭販促用のメモ... >>